<< BACK
三輪×片山シリーズ
STORY > 休日争奪戦 >


 休日争奪戦


「おーー、片山。飯いこーぜ」

4時間目の授業が終わり、出しているだけの教科書をしまっていると、いつものメンバーが、いつものごとく、俺を学食へ誘う。
でも、俺はこの所、断ってばかりだ。

それも、これも、三輪の所為。
あんな卑怯な手を使ってくるとはな。くそっ。

「あ、悪ぃ、俺今日も弁当あるんだ」

「最近つれないねぇ、でも、誰に作ってもらってんだ?お前んち、絶対弁当つくってくんねーって言ってたじゃん」

仲間の一人、佐藤が俺の横で、含みのある顔で聞いてくる。
それを興味深げに見守る数人の好奇の目。

だーー、うっとうしいっ。

「そうなんだけど…」

「さては、お前、抜け駆け?」

「ぬ、抜け駆けって」

「恋人できた?とか?」

…出来た。
けど、こいつらに言えるわけねぇだろっ。

俺は、極力顔に出さないように否定してみた。

「いねぇ!!出来てねぇーーって、そんなもんいねぇ」

…顔、出てないよな?

「そんな思いっきり否定して、益々あやしいぃ〜〜」

佐藤は、人差し指で俺の頭を突っつく。
うーー、本気で探っているのか、軽口か、わかんねぇ、こうなったら、誤魔化しとこっ。

「突っつくなっ、えーーい、くらえっ!!俺流らりあっとぉぉ!」

「ぎゃっ、助けてっ…」

佐藤の首に向けて自分の左腕を思いっきり食らわすと、奴は、胡散臭い声をだしながら、両手でガードする。
傍観者を決め込んでいる周りの連中は、「やれーー」だとか、「決まってません、片山決まってないっ〜〜」だとか言いながら持て囃す。そんなこんなで、結局いつものじゃれあいとなった。

はぐらす事が出来た模様。
いや、よかった。うん。

と思いながら、俺が佐藤とじゃれていると、橘に腕を引かれて引っぺがされた。

「何だよ、橘っ、お前も参戦か?」

「違う、なぜだか、三輪がすごい表情で、こっちを見てる。晴貴に用事あるんじゃないか?」

「…えっ?」

恐る恐る、指摘された、前方の教室の扉を見ると、確かに弁当を二つ持って仁王立ちしている三輪が見えた。
……怒ってる?

なんでだ?……あっ!!橘に触られてるからか?
言ってたな…
あぁ、言ってたよ。

『もう二度と、橘さんに触れさせないでくださいね、今度またそんな所見つけたら、俺、どうするか分かりませんよ?』

こ、こえぇぇぇ〜〜

「ちょ、橘。手解け、俺を解放しろっ」

「なんだ?」

「なんでもいいからっ」

橘が、俺の腕を離すのと、三輪がこちらに近づいてくるのと同時だった。

「片山さん。さぁ行きましょう」

そう言って、俺の腕を掴む。

あっけに取られる橘と仲間の顔を見て、腕を振り払おうとしたが、三輪の表情を見て固まった。
その表情は、思い出したくもない、力ずくで俺を奪った、あの時と似た表情だったからだ。

抵抗できない俺は、そのまま、引き摺られるように、教室を後にした。

あれか?
やっぱり、橘か?……いや、それとも、佐藤か?

どうする俺。どうなる俺。
……どっかのCMみたいに、カードで選べなねぇかな……「逃亡」って。
niconico.php
ADMIN