<< BACK
短編
STORY > 横恋慕 >
1.失恋を知った日



「まてよ!行くな!」

「陸・・」

「行くな・・よ」

「陸、ごめん、兄さんが待ってるんだ・・」

「・・・由之、俺じゃだめか?」

「・・・・ごめん。陸」

「・・」

「俺行くよ。行かせてくれ。」

「わかったよ・・、行ってくれ」

「ごめん」

「あやまんなよ、俺が惨めだろ?俺をふるんだからな、お前絶対あきらめんなよ」

「ありがとう、陸」

「おう」

「じゃぁ・・」

「あぁ」

そう言って俺の元を去ったあいつ

手離してから俺の中のあいつの大きさに気づかされた俺。

しまった!!
聞き分けのいい男を演じた場合ではなかったのだ。

もう遅すぎるかな・・俺・・

niconico.php
ADMIN